人数においても、提供されるものにおいても群を抜いていますが、
特に福島第一原発近くの被災者の方は、同じ避難するならこれ以上放射性物質を吸い込まない土地の方が良いので
思い切って九州まで飛んでしまうのも、良いアイデアでしょう。特に小さなお子様とか妊婦のいるお家。