給与や待遇面で、人事を引き留めることが出来るのだろうか?

 

研究環境は、良いとは言えない

機器が最新鋭であることと研究環境は必ずしも一致しない

 

日本では、全くと言って良いほどドリームがない

ここで言われる好待遇といっても、日本で上限が知れている

世紀の発見を行い、見込まれる成果を担保に

自身で研究所を建設し、研究拠点を構築することは

日本ではかなり難しい

 

また国際競争力を付けるために

海外から研究者を招聘しまくるとの噂も耳にするが

その結果起こるのは、国内の研究ポストの枯渇

 

優秀な人材を好待遇にすることは、

競争原理からは至極当然であるが

そもそもの母集団となる若手研究者に対して

十二分に研鑽の場が用意されているのだろうか?

 

目の前に、ニンジンはつるした格好にはなるが

これだけで、日本の科学技術が飛躍的に進歩するとは思わない

 

大学の中にも、企業の中にも、在野の中にも

正当な活躍の場や得られずに埋もれている人材がいるだろう

 

ピラミッドのてっぺんの整備からではなく

裾野から整備していくべきではないだろうか?